クラミジアと対処法

クラミジアという病気は、近年では性病の代表ともいえるポピュラーな性病となりますが、実際みなさんはこのクラミジアというのがどういった病気であるのかということは御存じでしょうか?
まず、女性の場合ですとこのクラミジアという病気に感染していること自体気づかないケースがほとんどだといえます。
なので、以外にクラミジアの検査をたまたましてみたら、自分がクラミジアにかかっていた、なんてことも良く耳にします。
女性の方で、稀にとても腹部が痛くなることが多い方はそれを生理痛やお腹の調子が良くないと勘違いをされている方がいるようですが、一度今記したことに当てはまる方は一度病院へ行かれるか、それかインターネットで検査キットなどを購入して検査をしてみることをお勧めします。
また、男性も同じくして、あまり自覚症状がない方が多い様です。ただ、女性よりも尿道が痛くなったり、不快感を生じることから時間をおいてから本人が医者にいき、判明するといったケースが多いようです。。
実際このクラミジアという病気は、上記で述べたように、ほとんどの当人が自覚症状がないということが本当に怖いところです。
本人がクラミジアに感染しているということにお気づかないでセックスをした結果、たくさんの方に移してしまっていることとなるのです。
特に女性は全く気付かないなんて方がいるほどなのと、オーラルセックスにより喉からクラミジアが感染していることが多くみられ、他の男性との関係を持ったときに、またオーラルセックスをした際、クラミジアに感染してしまうようです。
このクラミジアという性病は、喉に関しては完治しずらいといわれているようですがほとんど飲み薬を服用することで完治することが出来ると言われています。
その飲み薬というのも、ジスロマックやクラビットといったようないくつか種類が存在します。
ジスロマックに関していえば、年齢にもよって飲む錠数は規定がありますが成分量が多いものであれば、毎日飲み続ける必要がないと言われるほど効果が期待できる薬です。クラビットや、ジスロマックの成分量が低いものは、大体1日に1回か2回程度飲み続けないといけないといけません。
ですが、これだけ近代の医学が発達していても、コンドームを付けない、や複数の人間と肉体の関係を持つことで爆発的に感染するわけですので、薬云々前に人として、異性との接し方などを勉強しなおした方が良いと思います。