ジスロマック(アジー)にすがる私~クラミジアに侵されて

ジスロマック(アジー)にすがる私~クラミジアに侵されて

クラミジアに効く薬

今回はクラミジアとそれを治すのに有効的なお薬をご紹介していきます。
一度は聞いたことがあると思うクラミジアでですが、クラミジアはみなさんにとって非常に身近にある性病です。
というのも、日本の国内だけでも感染者は100万人にも達すると言われています。
この数字を見ただけでも、決して珍しい病気ではないことがわかります。
この病気の特徴として、症状が非常にわかりずらいため、気付かずに性交渉を重ねてしまい、相手に感染させてしまいます。
予防方法は、治るまで性交渉はしないことやきちんとコンドームなどをつけることも大切です。
症状がわかりずらいと言いまいたが、男性より女性の方がよりわかりづらく、感染していても気づかない方もいらっしゃいます。
男性の場合、排尿時に違和感や痛みを感じたり、尿道に痛みがでたり、膿のような分泌物がでます。
なので、男性の場合、小便にいったときに気付く方が多いようです。
女性の場合、おりものが増えたり、下腹部に痛みがあったり、出血したり、性行為時に痛みを伴うことがあるようです。
男性と違い、女性は体調の変化はよくありますし、おりものや出血は、体調によってて多くでたり、生理になるので、わかりづらいのかもしれません。
感染した時は、病院にいくのが一番早いのですが、仕事の都合上、なかなか行けなかったりする人もいるかと思います。
ほっておいても治ることはないのできちんと薬を飲むことが大切です。
病院にいくと抗生物質である、アジスロマイシンというお薬を処方してくれるはずです。
このアジスロマイシンは、服用後の効き目が1~2週間という長い効き目があるので、飲み忘れもなく、きちんと治すことができます。
時間的にも経済的にもお得に済ませたい方は、ジスロマックやアビーといった薬がおすすめです。
特にアビーはジスロマックのジェネリックなので、有効成分や効き目は全く同じで、値段が安く、通販などで気軽に購入できるのもメリットです。
他の人に感染させてしまう可能性があるので、きちんと薬を飲んで対処していくことが必要です。
クラミジアかもと思ったら、自分じゃわからない人はすぐに病院にいってください。

▲ Return to page top