ジスロマック(アジー)にすがる私~クラミジアに侵されて

ジスロマック(アジー)にすがる私~クラミジアに侵されて

クラミジアの感染率はどれくらい?

日本で一番多い、性感染症をご存知でしょうか?
答えは、クラミジア感染症です。
感染率は、個人差もありますが、感染予防していなければ50%だと言われてます。
感染経路ですが、性器と性器で感染するのはもちろん、性器×喉頭、喉頭×喉頭、でも感染します。
いわゆる、オーラルセックスでの感染もするということです。
例えば、風俗でも、口だけのサービスでも感染してしまうということになります。
そして、なぜ日本で一番多い性感染症なのかというと、女性の場合は特になのですが、自覚症状が出にくいとされています。
症状が出ても、おりものが少し出るくらいで、気付かないまま放置してしまいます。
そしてその結果、他の人にも感染させてしまい、広がっていくといった感じになります。
症状が出ないのであれば大丈夫なのでは?とお思いでしょうが、放置してしまいますと、女性の場合、妊娠しにくくなることもありますし、例え妊娠しても流産しやすくなると言われています。
そして、自然分娩の場合ですが、出産時、子供に感染させてしまうといった最悪な結果もありえます。
妊娠時には必ず妊婦健診で検査をすることになってます。
そこで初めて感染していたことに気付く人も少なくないです。
治療法ですが、妊娠時にも服用することができる治療薬があります。
この治療薬は、普段の感染予防に使用してる方もいるぐらい安全で、そして少ない量で完治させることができます。
妊婦も飲める薬なので安心ですね。
クラミジアですが、男性の方のほうが比較的症状が出やすいとされています。
ただ、やはり半数は自覚症状がなく、そのまま放置してしまう人がほとんどです。
そしてそのまま放置してしまいますと、HIVなどの感染率が通常の5倍にもなってしまいます。
症状がないから大丈夫だなんて思っていると、重大な病気になってしまいますので必ず治療をしましょう。
治療法で説明した、治療薬を服用するだけで、しかも1回の服用で治療できますので、症状が出ないからと言って放置などはしないでください。
もしかして?とかんじたら早ク検査などをすることをお勧めします。
自分が感染してる場合、パートナーも感染してることが多いです。
パートナーと一緒に検査してください。
最近ではネット販売などで、簡易の検査キッドがあります。
病院へ行くのがどうしても、という方はネット販売などで購入して検査しましょう。

▲ Return to page top